不妊治療の検査方法は様々なものがある|基礎体温を測ること

ドクター

不妊の原因を確かめる

原因から本格的な治療へ

医者

不妊で悩んでいる人は、医学的な面から不妊治療を受けていくことができます。これは不妊の原因を確かめて、そこから妊娠に向けた指示や技術で行われていく内容です。この不妊治療を始めるときは、まず検査をしていくことになります。原因を確認してからではないと不妊治療に踏み切れないので、最低限の検査が必要になるのです。不妊で考えられる原因はさまざまで、最近では高齢による理由で妊娠が難しいケースも増えてきています。原因が分かればそこを集中的に治療できるのですが、実際は原因不明がほとんどを占めます。その場合でも不妊治療を受けていくことができるので、検査はあくまで異常がないかを確認するためのものです。今は女性に限らず男性も積極的に検査をしていくことが勧められているので、検査をすることで不妊の原因が分かるかもしれません。

基本的な確認

この不妊治療で行われる検査とは、女性であれば血液検査でホルモンの状態を確認します。このホルモンにはいろいろな種類があり、これが正常な数値であることを確認していくのです。そして、卵管造影検査を行い、卵管が詰まっていないかを確認します。卵管がどちらか一方、または両方詰まっていればそこを精子が通ることができないため、受精することも受精卵が通ることも難しくなります。男性であれば精子の状態を検査していきます。採取して間もない精子を顕微鏡を使って確認していき、そこで精子の健康や奇形、その数などで不妊の傾向が分かります。不妊症は男性にもその半分が原因があると見られ、それが精子の状態または精管にあります。精管も卵管と同じように詰まっていれば精子が出せないので、これも検査で確認していきます。こうした内容を不妊治療前に行っていくことで、不妊治療もスムーズに行っていくことができます。