不妊治療の検査方法は様々なものがある|基礎体温を測ること

ドクター

必要不可欠です

条件が整っているかを確認

female

女性が妊娠することは、男女が性行為を行えば、基本的に自然に起こることです。しかし身体の状態によっては、男女が性行為を行っても、自然に妊娠が起こらないことがあります。そうした場合には、妊娠することができないので、昔であれば子供を諦めることになったのです。これに対して現在は医学が発達して、不妊治療を行うことができるようになりました。そうした不妊治療を行う際には、いろいろな検査を行うことが必要です。不妊治療において検査を行う目的は、妊娠が起こるために条件が整っているかを確認するためです。その点で女性の場合には、検査項目が複数存在します。まずよく実施されるのが、超音波検査です。超音波検査を行うと、子宮などの異常の有無や、排卵の有無について調べられます。

的確に治療できます

超音波検査と同様に血液検査についても、よく行われています。血液に中には、体内で分泌されたホルモンが含まれているので、これを確認するのです。例えばプロゲステロンは、卵巣の機能が正常に働いているかを確認する指標になります。またプロラクチンが過剰に分泌されていると、妊娠で大切な排卵を抑制することに繋がるのです。さらに男性ホルモンであるテストステロンは、女性においても一定量は分泌されています。しかしテステステロンの分泌量が多いと、これも妊娠で大切な排卵を抑制することに繋がるのです。次に男性ですが、男性の精液に問題があっても不妊の原因になります。そこで男性の精液の量や、精子の状態などについても確認することが大切です。このような検査を行って問題がある項目が分かると、それに対応した処置を行います。すると的確な不妊治療ができるので、検査をすることは不妊治療で必要不可欠なのです。